MENU

色気のある女性になるには

思わず目をひかれるような女性、男性がつい振り返ってしまうような女性、あなたのそばには存在するでしょうか。
性別を問わず、人を魅了する女性には必ずほのかな色気があるものです。
ではそうすれば自分もそんな色気のある女性になれるのでしょうか?
メイクや服装を女性らしくすればよいのでしょうか?

 

色気とは

派手な露出や媚を前面に出すことは決して、あなたが魅力的に見えるようになる方法ではありません。
「性」だけを武器にするような方法では、下品に思われがちですし、いやらしい、恥ずかしいなどのネガティブなイメージが先行してとても手を出せないと思ってしまう女性も多いでしょう。
まずは色気のイメージから変えていきましょう。
色気に対して、あなたがもしいやらしいなどのイメージを持っているのなら、それを「愛情を秘めている」「男性に力を与える」などの言葉に置き換えてみます。
本当に欲しい色気は、露出をして得られるような安いものではなく、女性の内から出てくる上質なものです。

 

自分の内面を磨く

上質な色気のある女性は、表情や感性が豊かです。
人の気持ち、喜びや悲しみを理解できるからこそ、男性の気持ちも理解してあげられるのです。
様々なジャンルの本や映画、音楽などに触れ、感性を磨いていきましょう。
そのほかにも、動物と触れ合ったり、スポーツをしたり、人とコミュニケーションをとることを大切にすると良いでしょう。
自分の内面が豊かであってこそ、じんわりと滲み出る余裕をもった大人の色気を作り出すことが出来ます。

 

露出に頼らずに想像力に頼る

色気を目指して肌を露出してみても、確かに男性の視線はひきつけられるかもしれませんが、下品に近づいてしまうだけで、大人の女性が目指すべきものからは遠ざかっていってしまいます。
胸や脚をわざわざ見せなくても、男性は思ったよりも想像力があるもので、見えている一部から全体を想像したり、体のラインから衣服に隠されている部分を想像したりすることができます。
その証拠に、男性に好きなコスプレの服装を聞くと、ナースだったりチャイナドレスだったり、露出は決して多くはないけれど体のラインが分かりやすい服が多く挙げられたりします。
さらに男性をひきつけるのは、ウエストとヒップの比率であるという説もあります。
胸を過剰に露出しなくても、自分の体にぴったりあった、ウエストラインのわかる服を選んでみたり、ヒップにきゅっとフィットするパンツを履くだけで十分なのです。

 

おわりに

色気に対して抵抗のある女性は少なくないと思いますが、色気は上手に使えば大きな武器になるものです。
遊びの女で終わらずに、本命の女性になれるように、上質な色気を選ぶよう心がけたいものですね。