MENU

彼とトラブルを避けて円満に別れるための5つのコツ

彼とお付き合いをしてきた上で、これ以上続けられない、別れたいと思うタイミングがやってくることがあります。
自分から別れを切り出そうと思うのですが、そんな時に気になるのがトラブルにならずに上手く別れられるのかなという
ことです。

 

せっかくお付き合いをする縁があった彼ですから、お互いに嫌な思いをすることなく、なるべく綺麗に別れることが相手への
配慮だと思います。
そういった別れになるために気をつけたい6つのポイントを紹介します。

 

1.会って気持ちを伝える

メールや電話で一方的に別れを告げられたとしたら、相手にとってはなかなか状況が理解できずに戸惑ってしまう可能性が高いです。

 

円満に別れるためには直接会って、しっかりと別れの気持ちを伝えるようにしましょう。
次第に連絡をしないようにして自然消滅を狙うなども、マナーが良いとは言えません。
相手としっかりと向き合う姿勢が大事です。

 

2.浮気期間は作らない

「他に好きな人ができた」という理由で別れようと思う場合、彼とお付き合いしている時に、好きな彼とお付き合いを始めてしまうといういわゆる二股はしてはいけません。
また新しい彼と付き合うことになった場合にも、彼にはそのことが耳に入らないように気をつけましょう。

 

3.別れを切り出すタイミングに気をつける

誕生日やクリスマスなどイベントの時に別れを切り出すのは酷なので避けるようにしましょう。
その日を楽しみにしてプレゼントも用意してきたのに、彼女に振られてしまったというのでは、彼を深く傷つけてしまう
可能性もあります。

 

彼に対する配慮をすることが大事です。

 

4.喧嘩別れは避ける

喧嘩したまま別れてしまうことがありますが、お互いに気まずい気持ちを引きずってしまいますし、喧嘩をしたとしても
話合って解決してから、冷静な状態で別れるようにしましょう。

 

別れを考えている段階で喧嘩になってしまったら、別れを切り出そうとしているあなたが折れてあげるぐらいの優しさを
持ちましょう。

 

5.相手にわかりやすく伝える

別れを切り出した時に、彼からしたらなぜなのかという理由は気になるものです。
「一人になる時間がほしい」などのぼんやりとした理由では、なぜお付き合いしたままでそうできないのかと
彼にとってはなかなか理解することができません。

 

なぜ別れたいのか相手がわかりやすい理由でしっかりと説明しましょう。

 

おわりに

彼に別れを切り出す時には、彼の気持ちを考えて最大限配慮するようにしましょう。
そうすることで円満な別れになり、お互いの思い出も綺麗なものとして残すことができます。
別れを告げるのも辛いですが、告げられる方はもっと辛いという気持ちを考えて、5つのポイントに気をつけてください。